マンション経営をはじめる|リスクを把握しておこう!

資金力と売却計画

夫婦

1棟丸ごと購入によるマンション経営は売却時のリスクをはじめとする複数のリスクがあるものの、効率的な管理や運用が可能となるため利回りを向上させるための条件が整いやすい不動産投資の手法として人気を集めています。そして売却時のリスクの低減のためには、購入前に綿密でシビアな売却計画を立てることが大切です。

Read

老後の安定収入としては

集合住宅

老後に安定した収入があればということでマンション経営に乗り出すケースが見られます。マンション経営は毎月の家賃が入って来ることでローンなど組んで始める場合が多いものです。この場合は地方ではだめで少子高齢化や人口減少が続く現在の日本においては東京の都心でワンルーム、しかも駅からの徒歩時間も短くて周辺に利便施設が整っているという条件が必要です。しかし1番のリスクは空室が出ることでこれが続くと家賃をローンの返済に回せません。さらに設備機器が壊れるとか年数が経ってリフォームが必要になればその出費もかかって来ます。周囲の状況から家賃を下げる必要が出た場合にはその分収入が減ることになりますし金利上昇もマイナス面にかかって来ます。このようにリスクは空室だけとは限りません。

マンション経営でのメリットは長期に渡って家賃収入が入って来ることでこれは老後における年金替わりにもなります。最初の1年2年では元が取れない可能性もありますが10年前後経つと赤字も減って好転して来る可能性があります。住宅ローンを借り入れることで団体信用生命保険に入ることができ、もし途中で本人が死亡するとか高度の障害に陥った場合でもそれを補填して残高は保険会社が支払ってくれますので債務は残らず一応は安心です。マンション経営では不動産は物価が上昇するとそれに連動して動きますので家賃収入にも期待が持てます。空室のリスクは常にありますがこのリスク回避の方法や対策を打つ必要はあり大切です。賃貸の場合は固定資産税や都市計画税などの軽減措置があるので節税効果が見込めます。これは短期で行うよりも長期で行って利益も出たら売却することでその利益にもあずかれます。

適切に対処し資産形成

インテリア

リスクを知り適切に対処することで、マンション経営で確実に資産形成を行えます。リスクには、空室と老朽化、金利変動の3つがあります。それぞれ適切に対処し、豊かな生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。専門的な知識は必要ないため、誰でも適切に対処できます。

Read

安定性のある賃貸経営

書類

マンション経営でリスクを回避するためには、十分に情報収集を行って物件を選ぶ姿勢が大切です。情報サイトを活用して将来性のある物件を発掘することが、賃貸経営を成功させるための秘訣です。個別の物件情報を冷静に分析することが、プロの投資家のテクニックです。

Read